メニュー

おすすめ通信講座ランキング

【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。

 ⇒詳細はこちら

【No.2】TAC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

 ⇒詳細はこちら

【No.3】ユーキャン

教材には多少の不足も感じられますが、安心の知名度と親しみやすさで入門用に。

 ⇒詳細はこちら

英語はどこまで必要か

通関士試験と英語の必要性

学習ツールにこだわれば、未経験・知識ゼロでも可能性あり

バカに出来ない、ちょっとした時間の積み重ね

独学と通信、最大の違いは?

通信講座の決め手は、合格率とメディア教材

最短距離で合格したい方に、お薦めします。

独学用の参考書選び

一発合格勉強法-2(段階的な学習、隙間時間の活用)

一発合格勉強法-1(学習期間と時間の確保、学習の全体像の把握)

通関士の仕事は貿易という、海外との交渉で内容が決まることばかりです。

 そのイメージが定着しているからでしょうか、「通関士になりたくても、英語が苦手な人には無理では?」といった誤解が広まることがあります。

 しかしそれは、あまり的を射た憶測だとは言えないでしょう。通関士の試験問題には英語がらみの問題が実際に出題されますし、就業後の実務の現場においても英語を使った作業は出てきますが、英語が苦手だった人たちでも問題なく対処できている例がたくさんあるのです。だいたい通関士は、通訳ではありませんし海外の関係者との折衝の場に立ち合うわけではありません。あくまでも日本国内で、日本人だけの職場において仕事をします。

 通関士の仕事で問われる英語は、簡単か難しいかと二択で問われると答えづらくなることは事実。貿易で必要となる英語ですから、少し専門的ですし一般人にとっては耳慣れない単語や言い回しが登場します

 しかしその種類は多くありませんから、やっていれば自然と覚えられます。在学中に英語が得意ではなかったタイプでも、毎日やっていればいつの間にか覚えてしまうくらいのものだと思ってかまいません。

 あえて補足をするなら、中学校や高校のころの英語の授業や定期テストが極端に苦痛だったタイプは、それなりの覚悟は必要となるでしょう。しかし試験問題の英語の内容は決して高難易度ではありません。肩の力を抜いたくらいのつもりで臨むほうがよいでしょう。

<< 前のページ次のページ >>

現状、主婦で特に知識や経験を持たないケースでも、「通関士の資格を取得したい!」を思っている方もいらっしゃると思います。数ある資格の中からなぜ通関士に注目したのか、そしてどんな通関士試験対策の勉強法を検討されているのか、といったことはさておき、最大の関心事としては「経験がないけれど、そして何にも知らない状態だけれど、今から始めて合格できる?」といった一点に尽きるのではないでしょうか?

 未経験・知識ゼロの主婦の通関士試験への挑戦・・・。
結論から申しますと、「十分に可能性アリ」です。通関士試験は合格率一桁の狭き門ですが、試験対策という観点からいえば、他資格同様「出題されるポイントを的確におさえることが出来るか」にかかっています。試験だけのことを考えれば経験は不要ですし、今知識がなくともこれから頑張って習得されていけば良いだけ。何もためらうことはありません。

 ただし、通関士試験対策のための勉強法には、しっかりとこだわるべきです。
どんなカリキュラムや教材でも良い、というものではありません。ゼロからスタートするのであれば、それなりに効率良く合格を目指せるものを選ぶ必要があります。もっとも、「相応しい通関士勉強法に出逢えるかどうか」こそが、合否を分けるポイントになると言っても過言ではないでしょう。

 それでは、いかにしてその「相応しい通関士勉強法」を見つけることができるのか。その点については、残念ながら近道はなく、ご自身の目でカリキュラムや教材を検討されていくのが一番です。ある人にとってのベスト教材が、自分にとっても最善であるとは限りません。もちろん、ヒトの意見は参考にはなるでしょうが、絶対ではないことを忘れてはいけないのです。ネットで調べて、実際にサンプル教材を取り寄せて、比較して・・・というプロセスを踏んで、「コレ!」と思えるものを選びましょう。

 あえてひとつポイントを提示するとすれば、「サンプルの提供がない講座には要注意」という点でしょうか。受講を検討している受験生に判断材料を提供しないスクールは、決して誠実とは言えないからです。
サンプルを公開しているスクールは、【通関士 通信 サンプル】と検索すればすぐにヒットしますから、そういった学校の教材を中心に検討されるのが安心だと思います。

<< 前のページ次のページ >>

 これから通関士資格取得を目指し、勉強法を実践されていく皆さんの中には、「やる気はあるんだけれど、仕事が忙しくてなかなかねぇ~」と、ついつい挑戦を先延ばしにしている方もいらっしゃるかもしれません。
日々忙しく過ごし、自分のための時間を確保することもままならない日々の中で、さらにプラスαの資格取得まで考えるとなると、なかなか上手くいかないこともあるでしょう。
「仕事が終わってから1日1時間!」と決めたところで、疲れて帰ってきたらそんな気力だって残っていないかもしれません。

 しかしながら、ここでせっかくの目標を諦めるのはもったいないこと。「忙しい」と嘆くだけで結局何も行動を起こさなければ、人生は変わっていきません。
現状維持が必ずしも悪いこととは言いませんが、時には一歩踏み出してみることが必要なときだってあります。また、どんなに忙しくても、着々と夢に向かって歩んでいる方だって、世の中にはいるんですよね。皆さんにも出来ないことはありません。

 日々忙しい社会人が無理なく通関士の勉強法を実践していくためには、「日常のちょっとした時間」に注目されてみることをオススメします。
例えば、通勤時間やランチタイム、待ち合わせまでの数分、カフェでまったりする時間や就寝前のぼーっとしがちな時間・・・・等々。挙げればキリがありませんが、私たちの日常生活には“スキマ時間”と呼ばれるちょっとした時間が結構あるものです。
そういった時間を意識的に通関士の勉強法の実践に充てるだけで、現状はぐんと違ってくるのではないでしょうか?とある調査によれば、現代人の生活におけるスキマ時間の平均は「1日1時間9分」というデータが明らかになっています。つまり、さほど苦労なく、1日1時間は学習時間を捻出できる可能性がある、ということ。このチャンスを生かすも殺すも、自分自身です。

 毎日「忙しいから無理」が口癖になっていませんか?生活を見直すことで、見えてくるものはたくさんあるかもしれません。

<< 前のページ次のページ >>

 ところで、皆さんの中には「通信教育を受講するくらいなら、独学だって大差なのでは?」とお考えの方も少なくないかもしれません。
最近では、書店を覗けばたいていの資格対策本は置いてありますし、自宅に居ながらにして通販で購入することも可能です。通信教育とはいえ、基本的には自宅で学習を進めていくことには変わりありませんから、「合格できるかも分からない通関士の勉強法として、わざわざ受講料を払ってまで・・・」とネガティブなイメージをお持ちの方もいらっしゃることでしょう。

 しかしながら、通関士試験対策の勉強法として、独学と通信教育を同列で考えるのは、間違っています。
たとえ「自宅で、自分ひとりで学習を進める」という点では相違ないと言っても、学習の基礎となるカリキュラムの有無、さらには使っていく教材の質の違い等、異なる面はいくつもあるのです。

 これまでにさほど国家試験対策をされたことのないような方であれば、「カリキュラムなど少し検索して標準的なものに合わせれば良いし、教材だって市販と通信ではさほど大した差はないだろう」と思われるかもしれません。
ですが、いつ勉強をスタートさせるかによって学習のペースは変わってきますから、一般的な予備校のカリキュラムが当てはまるとは言えません。また、教材については効率良く合格を目指すために、自分が書店で選んだものが本当に相応しいものかどうか、と言われればそうとは言い難いと思います。
通関士試験対策の勉強法として、専門家がしっかり研究し、そのスクールの名のもとで通信講座という形で、受講料を取って提供する内容との差は、決して小さくはないのです。

 通関士試験の勉強法として、独学と通信で迷われているのであれば、断然「通信」を選ぶべきです。「餅は餅屋」と言いますから、「資格対策は資格の予備校」にお任せするのが得策であると言えましょう。

<< 前のページ次のページ >>

通関士の試験対策は通信講座を利用すると、リーズナブルにかつ効率的に進められることがわかりました。
しかし一口に通信講座といっても、さまざまな教育機関があります。また通学校なら、無料体験講座に参加することで良し悪しの判断もつきますが、通信講座の場合は、自宅に届いた教材を使ってみるまで、ホントのところがわからないのもむずかしいところです。
ここでは信頼のおける通信講座は、どのような基準で選ぶべきかをアドバイスしたいと思います。

通信講座を選ぶ基準は以下の通りです。
(1)教材制作のポリシーを明言している
(2)講義DVD・CD等のメディア教材を用意している
(3)合格率を公開している
(4)受講生の評判が高いなどです。

合格率を公開している通信講座は信用してOKです。

順番は前後しますが、まず(3)の合格率から見ていきましょう。設立5年を過ぎているのに合格率を公開していない通信講座は、管理人としては企業の信頼性を疑問を感じます。裏読みをすれば合格率を出せない理由があるということでしょう。つまり教材やサービスがそのレベルでしかないということです。反対に毎年の合格率をきちんと公開している通信講座の教材は、まず信用してもよいということです。

メディア教材のない通信講座は意味がない。

次にメディア教材についてです。はっきり言っていまは、メディア教材がついてない通信講座の利用は殆ど意味がありません。
かつて通学講座と通信講座の期待値には大きな開きがありました。その距離が今日までどんどん縮まっていて、いまではどちらの学び方が優位にあるのかわからない状況になってきています。距離を縮めた立役者はメディア教材です。

とはいえメディア教材も各社各様でクオリティーの差はさまざまです。避けて通りたいのは、通学講座の教室での授業をそのまま収録したタイプのものです。これだと講師との距離感があり、またノイズも多くて集中しにくいと思います。

通関士試験用のメディア教材としてクオリティーの高いものには一例として、フォーサイトの教材などがあります。フォーサイトの講義DVDは、自宅学習専用にスタジオで、ハイビジョン画像で収録されています。肝心の講義内容も通関士試験の専任講師がわかりやすく解説してくれます。

ちなみに通関士の通信講座の受講料は5万円~10万円程度ですが、上記フォーサイトの通関士講座は、この価格帯で最も安い5万円で受講が可能です。
よろしければぜひ検討してみてください。

<< 前のページ次のページ >>

通関士の学習スタイルその2。
「独学で学習するのは不安」
「プロが作成したカリキュラムに沿って効率的に学習したい」
という方ですと、資格の専門学校へ通うか通信講座を利用して勉強することになります。
どちらの学習スタイルを選ぶかの見極めは、「時間や距離の問題」それと「受講料」のことを考慮の上検討する必要があります。

通学講座

最短距離で合格したいなら、多少費用が掛かっても通学講座がお薦めです。

  • 教室で聞く生の授業には迫力があり集中しやすい。
  • 講師にすぐに質問できる。
  • 学校のカリキュラムに拘束されているため、その通りに学習すればスケジュール管理も自動的にできる。
  • 最新の情報を学校が提供してくれる。
  • 模擬テスト等で本番同様のシミュレーションができる。

決まった時間に学校に通う大変さ、かなり掛かってしまう受講料のデメリットはあっても、通学での学習スタイルにはそのデメリットを補い余りある価値があります。通学講座の合格率は独学のそれを大きく凌いでいます。
短期の試験対策(通学講座のカリキュラムは平均6ヶ月です)で、1回だけの受験で合格できると考えれば、時間とお金の相対価値を考えた場合、通学はやはりお薦めです。

通信講座

独学と通学のメリットのみを併せて提供している、今日最もポピュラーな学習スタイルが通信教育です。独学より多少費用はかかりますが、通信教育は、独学のデメリットをほとんどカバーすることができます。
通信講座も通学校と同様に、自分で教材を選ぶ必要がありません。また最新の受験情報が送付され質問にも答えてもらえます。
また学習スケジュールにつても、これは自己管理をして守る必要がありますが、適切なカリキュラムの指標が用意されています。

言ってみれば通学講座と通信講座のちがいは、生の授業を受けられるかそれができないか、その一点のみに限られているといえるでしょう。そして最近の通信講座では講義DVD・CDなどで教室の講義さながらの授業を提供している企業がほとんどです。

人(講師)と人(受講生)の生の双方向でのコミュニケーションこそできないものの、いまのメディア教材は非常に優れています。
受講料は通学校と比べずっと安く済ませることができますので、3つの学習スタイルのなかで最も合理的なのが、通信講座と言うこともできそうです。

<< 前のページ次のページ >>

通関士の勉強法としては3つの学習スタイルがあります。
それは「通学講座」か「通信講座」を利用する学習スタイルと、市販の参考書等を使って勉強する「独学」の3つです。
このページでは、通関士の試験対策を独学で進められる方に、適切な教材選びのポイントをお話ししたいと思います。

独学は、通関士試験対策のすべてを自分の力で解決したい「じっくり型」の方にお薦めしたい勉強法です。単に通関士合格だけを目的とした効率的な勉強法はよしとしない、考察が好きな方に向いています。
通関士試験では「なぜそれらの法律を学ぶ必要があるのか」、「なぜそのような出題がされるのか」、など種々の背景まで知りたいなら独学が一番です。そのぶん、学習期間は膨大にかかってしまいますが、効率を重視せず自分のペースで学習を進められるため、取り組み方次第では最も実力がつく学習法であるといえます。

独学で最も肝心な点はお話しするまでもなく教材選びです。教えてくれる人のいない独学では、試験対策情報(勉強内容)のほぼすべてを、自分で購入した教材から吸収する必要があるからです。まず、管理人お薦めの教材から紹介しましょう。

用意する教材

  • 参考書(基本テキスト)
  • レジュメ集
  • 過去問題集

お薦めの参考書

『通関士試験合格ハンドブック』(中央書院)
※広範囲な知識の習得が必要な「通関士」受験者のために、合格に必要な知識をおさめた定番テキスです。
『出る順通関士合格テキスト』(東京リーガルマインド)

レジュメ集とは

レジュメ集は、基本テキストのなかのポイントを要約してまとめたものです。試験対策のガイドにもなりますし、試験に出やすい個所がまとめられていますので、後半期の復習材料としてもお薦めです。レジュメ集は資格の専門学校等で販売しています。一例として東京リーガルマインドをご紹介しておきますので参考にしてみてください。
http://www.lec-jp.com/system/resume/

お薦めの問題集

『通関士試験テーマ別問題集』(中央書院)
『出る順通関士セレクト本試験問題集』(東京リーガルマインド)

老婆心かもしれませんが、独学の効率性の弱点を考えますとやはり、通学や通信講座以上に長期の試験対策が必要であることは肝に銘じてください。少なくとも7~8ヶ月は必要だと思います。それからその方その方で対策は異なると思いますが、挫折しない、モチベーションを維持するなどの努力を大事に頑張るようにしてください。

<< 前のページ次のページ >>

(3)段階的な学習計画(基礎力養成・応用力養成・総仕上げ期)

通関士試験に一回で合格するためには、本試験の当日に自分の学力がピークになるように計画をするのがポイントです。そのためには試験対策期間を3つに分けて計画するのがセオリーでもあります。ここではみなさんの学習期間を7ヶ月と想定してシミュレーションしてみましょう。

◎基礎力養成期(2.5ヶ月)
基本テキストの学習を中心に、予備知識を習得・理解する時期です。テキストを3~4回、通読・精読する。テキストを読みながら法律の専門用語を紙に書いて覚えるなどします(ノートに整理する必要はないと思います)。この間、テキストに対応している過去問について「読んでみる(解けなくてかまいません)」対応もしておきましょう

◎応用力養成期(3ヶ月)
過去問の演習をバリバリ進める時期です。通関士の本試験内容は、出題の6割程度が過去に出題された問題をもとに、その論点を変えるなどして作られています。つまり過去問を征服できれば、それで合格圏内の実力がついたことになります。
間違えたところや知識があやふやなところだけテキストに戻り復習します。
「過去問演習中心の学習をする」とは、このことを指しています。

◎直前期(1.5ヶ月)
試験の直前に特に覚えにくいところを暗記したり、テキストをくまなく復習する時期です。テキストを復習しながら、その箇所について問う過去問の出題内容が思い浮かぶくらいになっているのが理想です。また直前期は「詰め込み学習」にも適しています。ムリをしてでも、少しでも多く勉強してください。

(5)時間を有効に使う工夫

仕事で忙しい社会人の方にとっては、決して軽視できない事柄のひとつです。
時間有効活用のポイントは、勉強する場所と勉強する時間帯、そして勉強スタイルを分散させることです。
自宅の机にかぎらず、往復の電車内、ランチタイム、クルマでお仕事をしている方なら移動時間も、あらゆる隙間時間を「学習時間に充てられないか?」と見直してみましょう。
その際、用語帳を用意するなどの一手間を工夫したり、便利なDVD・CD等メディア教材を活用すると効果的です。

<< 前のページ次のページ >>

このページからは当サイトの本題、「通関士試験の勉強法」について解説していきます。通関士試験にかぎらず、効率良く学習するためには押さえる必要のあるポイントがいくつかあります。大枠のフレームを作った上で、日々の学習ではみなさんがやりやすい方法で勉強を進めるようにしてください。通関士の勉強法の全体像は以下のとおりです。

(1)学習期間と時間の確保(6~8ヶ月・350~450時間)
(2)学習の全体像の把握
(3)段階的な学習計画(基礎力養成・応用力養成・直前期)
(4)過去問演習中心の学習をする
(5)時間を有効に使う工夫

以上のポイントは必ず守ってほしいと思います。それでは順を追って詳しく解説します。

(1)学習期間と時間の確保(6~8ヶ月・350~450時間)

当サイトの管理人の実感からも、総学習時間は最低350時間、できれば400時間の確保が適切です。毎日コンスタントに2時間学習するとして、6~8ヶ月の学習期間を想定しておきましょう。

通関士の本試験は10月初旬~中旬です。管理人が言いたいのは本試験から逆算して8ヶ月、つまり2月頃には“ぼちぼち”試験準備に入りましょうということです。8ヶ月の学習期間を6ヶ月に短縮することはできます。しかし当たり前の話ですが、5月になってやっと取り掛かり、5ヶ月の学習期間を8ヶ月に延長することはどうやっても無理だからです。

通関士の試験対策がどれくらいの期間必要かは、ホントのところ実際に勉強を始めてみるまでわからないと思います。どれくらいかが適切かは、その人その人で異なるからです。
300時間程度で十分と感じる方もいるでしょう、手堅く一発合格するために500時間以上したくなる人もやりたくなる人もいらっしゃるでしょう。どちらにも対応するために欠かせないのが総学習期間の確保です。8ヶ月の期間があれば500時間以上だって十分確保できます。

(2)学習の全体像の把握

自分に適した学習計画を立てるために、このことは欠かせません。期間としては1~2週間で、全体像把握のための材料は、基本テキスト(参考書)・と過去問、そして通関士の仕事について解説している入門的な書籍などです。
「参考書をざっと通読してみる」「過去問を20問くらい演習してみる(もちろん解けなくて構いません)」、入門参考書でOBの合格体験記などを読んで参考にする。
本格的な試験対策の前に、このような導入期間が10日くらいあると、学習すべき全体像が見えてきます。

<< 前のページ次のページ >>



>>通関士合格へ向け、講義動画メディアを有効活用!<<
【↑クリック↑】