メニュー

おすすめ通信講座ランキング

【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。

 ⇒詳細はこちら

【No.2】TAC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

 ⇒詳細はこちら

【No.3】ユーキャン

教材には多少の不足も感じられますが、安心の知名度と親しみやすさで入門用に。

 ⇒詳細はこちら

独学と通信の違い

独学と通信、最大の違いは?

 ところで、皆さんの中には「通信教育を受講するくらいなら、独学だって大差なのでは?」とお考えの方も少なくないかもしれません。
最近では、書店を覗けばたいていの資格対策本は置いてありますし、自宅に居ながらにして通販で購入することも可能です。通信教育とはいえ、基本的には自宅で学習を進めていくことには変わりありませんから、「合格できるかも分からない通関士の勉強法として、わざわざ受講料を払ってまで・・・」とネガティブなイメージをお持ちの方もいらっしゃることでしょう。

 しかしながら、通関士試験対策の勉強法として、独学と通信教育を同列で考えるのは、間違っています。
たとえ「自宅で、自分ひとりで学習を進める」という点では相違ないと言っても、学習の基礎となるカリキュラムの有無、さらには使っていく教材の質の違い等、異なる面はいくつもあるのです。

 これまでにさほど国家試験対策をされたことのないような方であれば、「カリキュラムなど少し検索して標準的なものに合わせれば良いし、教材だって市販と通信ではさほど大した差はないだろう」と思われるかもしれません。
ですが、いつ勉強をスタートさせるかによって学習のペースは変わってきますから、一般的な予備校のカリキュラムが当てはまるとは言えません。また、教材については効率良く合格を目指すために、自分が書店で選んだものが本当に相応しいものかどうか、と言われればそうとは言い難いと思います。
通関士試験対策の勉強法として、専門家がしっかり研究し、そのスクールの名のもとで通信講座という形で、受講料を取って提供する内容との差は、決して小さくはないのです。

 通関士試験の勉強法として、独学と通信で迷われているのであれば、断然「通信」を選ぶべきです。「餅は餅屋」と言いますから、「資格対策は資格の予備校」にお任せするのが得策であると言えましょう。

<< 前のページ次のページ >>



>>通関士合格へ向け、講義動画メディアを有効活用!<<
【↑クリック↑】