メニュー

おすすめ通信講座ランキング

【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。

 ⇒詳細はこちら

【No.2】TAC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

 ⇒詳細はこちら

【No.3】ユーキャン

教材には多少の不足も感じられますが、安心の知名度と親しみやすさで入門用に。

 ⇒詳細はこちら

通学校・通信講座に学ぶ

最短距離で合格したい方に、お薦めします。

通関士の学習スタイルその2。
「独学で学習するのは不安」
「プロが作成したカリキュラムに沿って効率的に学習したい」
という方ですと、資格の専門学校へ通うか通信講座を利用して勉強することになります。
どちらの学習スタイルを選ぶかの見極めは、「時間や距離の問題」それと「受講料」のことを考慮の上検討する必要があります。

通学講座

最短距離で合格したいなら、多少費用が掛かっても通学講座がお薦めです。

  • 教室で聞く生の授業には迫力があり集中しやすい。
  • 講師にすぐに質問できる。
  • 学校のカリキュラムに拘束されているため、その通りに学習すればスケジュール管理も自動的にできる。
  • 最新の情報を学校が提供してくれる。
  • 模擬テスト等で本番同様のシミュレーションができる。

決まった時間に学校に通う大変さ、かなり掛かってしまう受講料のデメリットはあっても、通学での学習スタイルにはそのデメリットを補い余りある価値があります。通学講座の合格率は独学のそれを大きく凌いでいます。
短期の試験対策(通学講座のカリキュラムは平均6ヶ月です)で、1回だけの受験で合格できると考えれば、時間とお金の相対価値を考えた場合、通学はやはりお薦めです。

通信講座

独学と通学のメリットのみを併せて提供している、今日最もポピュラーな学習スタイルが通信教育です。独学より多少費用はかかりますが、通信教育は、独学のデメリットをほとんどカバーすることができます。
通信講座も通学校と同様に、自分で教材を選ぶ必要がありません。また最新の受験情報が送付され質問にも答えてもらえます。
また学習スケジュールにつても、これは自己管理をして守る必要がありますが、適切なカリキュラムの指標が用意されています。

言ってみれば通学講座と通信講座のちがいは、生の授業を受けられるかそれができないか、その一点のみに限られているといえるでしょう。そして最近の通信講座では講義DVD・CDなどで教室の講義さながらの授業を提供している企業がほとんどです。

人(講師)と人(受講生)の生の双方向でのコミュニケーションこそできないものの、いまのメディア教材は非常に優れています。
受講料は通学校と比べずっと安く済ませることができますので、3つの学習スタイルのなかで最も合理的なのが、通信講座と言うこともできそうです。

<< 前のページ次のページ >>



>>通関士合格へ向け、講義動画メディアを有効活用!<<
【↑クリック↑】