メニュー

おすすめ通信講座ランキング

【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。

 ⇒詳細はこちら

【No.2】TAC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

 ⇒詳細はこちら

【No.3】ユーキャン

教材には多少の不足も感じられますが、安心の知名度と親しみやすさで入門用に。

 ⇒詳細はこちら

お薦めの通信講座

通信講座の決め手は、合格率とメディア教材

通関士の試験対策は通信講座を利用すると、リーズナブルにかつ効率的に進められることがわかりました。
しかし一口に通信講座といっても、さまざまな教育機関があります。また通学校なら、無料体験講座に参加することで良し悪しの判断もつきますが、通信講座の場合は、自宅に届いた教材を使ってみるまで、ホントのところがわからないのもむずかしいところです。
ここでは信頼のおける通信講座は、どのような基準で選ぶべきかをアドバイスしたいと思います。

通信講座を選ぶ基準は以下の通りです。
(1)教材制作のポリシーを明言している
(2)講義DVD・CD等のメディア教材を用意している
(3)合格率を公開している
(4)受講生の評判が高いなどです。

合格率を公開している通信講座は信用してOKです。

順番は前後しますが、まず(3)の合格率から見ていきましょう。設立5年を過ぎているのに合格率を公開していない通信講座は、管理人としては企業の信頼性を疑問を感じます。裏読みをすれば合格率を出せない理由があるということでしょう。つまり教材やサービスがそのレベルでしかないということです。反対に毎年の合格率をきちんと公開している通信講座の教材は、まず信用してもよいということです。

メディア教材のない通信講座は意味がない。

次にメディア教材についてです。はっきり言っていまは、メディア教材がついてない通信講座の利用は殆ど意味がありません。
かつて通学講座と通信講座の期待値には大きな開きがありました。その距離が今日までどんどん縮まっていて、いまではどちらの学び方が優位にあるのかわからない状況になってきています。距離を縮めた立役者はメディア教材です。

とはいえメディア教材も各社各様でクオリティーの差はさまざまです。避けて通りたいのは、通学講座の教室での授業をそのまま収録したタイプのものです。これだと講師との距離感があり、またノイズも多くて集中しにくいと思います。

通関士試験用のメディア教材としてクオリティーの高いものには一例として、フォーサイトの教材などがあります。フォーサイトの講義DVDは、自宅学習専用にスタジオで、ハイビジョン画像で収録されています。肝心の講義内容も通関士試験の専任講師がわかりやすく解説してくれます。

ちなみに通関士の通信講座の受講料は5万円~10万円程度ですが、上記フォーサイトの通関士講座は、この価格帯で最も安い5万円で受講が可能です。
よろしければぜひ検討してみてください。

<< 前のページ次のページ >>



>>通関士合格へ向け、講義動画メディアを有効活用!<<
【↑クリック↑】