メニュー

おすすめ通信講座ランキング

【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。

 ⇒詳細はこちら

【No.2】TAC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

 ⇒詳細はこちら

【No.3】ユーキャン

教材には多少の不足も感じられますが、安心の知名度と親しみやすさで入門用に。

 ⇒詳細はこちら

通関士の仕事

通関手続きの代行者として、
通関業者を多様な側面からサポートする仕事

海外から「日本」に輸入される鉱物資源や小麦や大豆などの食物。また近年はパソコン・モニターなどの民生製品の輸入も増え続けています。また小資源国日本にとって貿易の逆方向の流れ、つまり産業製品等の「輸出」は国の経済を支える要といえます。
こうした輸出・輸入におけるモノのすべての流れは必ず税関を通して認可を受ける必要があります(通関)。そしてこの通関手続きのスペシャリストとして活躍しているのが通関士です。

通関士の大多数は、通関業者と呼ばれる企業に所属して働いています。通関業者とは、空運・海運・陸運、倉庫業などの流通業者のことです。また事業形態は商社やメーカー企業であっても、自社で通関手続きまで行う会社も、大きくは通関業者と呼ぶことができます。

通関業者が行うことのできる通関業務の範囲には、以下の4つがあります。そして通関士はこの4つの業務をほとんどカバーすることになります。

1.通関手続きと書類作成の代行
2.貿易のアドバイス
3.不服申し立ての代理・代行
4.主張または陳述の代行

1.通関手続きと書類作成の代行

税関法や関税に関する法令に沿って、必要な申告や申請、そしてその許可・承認を得るまでの一連の手続きを輸出入者に代わって代行します。手続きの内容には「輸入申告・輸出申告」「関税・消費税の申告」「貨物のチェック」「積み込みの申告」「保税地域に貨物を置く申請」などがあります。

2.貿易のアドバイス

貿易のアドバイスとは、顧客である輸出入者に、貨物の効率的な配送法や保管方法また短時間でスムーズに税関を通す方法などをサポートすることです。通関士が所属する通関業者は、倉庫業や運搬業などを兼業しているのが一般的です。だからさまざまな面で実践的なアドバイスができます。通関士と言えどもビジネスを支える一員です。顧客へ向けたこうしたサービスは自社の業績に直結する、欠かせない取り組みの一つです。

3.不服申し立ての代理・代行 4.主張または陳述の代行

これらは通関業者の権利を守るためのサポートです。通関士が申告した通関手続きの内容について、税関長から何らかの処分を申し渡される場合があります。輸出入者がその処分は不当なものと感じた場合、通関士は、輸出入者の代理として異議申し立て、審査請求を行います。
またこの不服申し立ての際、税関官署に対する、意志の主張や陳述も代行することもできます。

通関手続き代行のプロであり、通関業者をさまざまな面からサポートする専門職が通関士です。多様な意味で責任を伴う仕事で、そこでの使命感こそが通関士のやり甲斐といえるでしょう。

<< 前のページ次のページ >>



>>通関士合格へ向け、講義動画メディアを有効活用!<<
【↑クリック↑】