バカに出来ない、ちょっとした時間の積み重ね

バカに出来ない、ちょっとした時間の積み重ね

with コメントはまだありません

忙しくても通関士の資格は取得できます

これから通関士資格取得を目指し、勉強法を実践されていく皆さんの中には、「やる気はあるんだけれど、仕事が忙しくてなかなかねぇ~」と、ついつい挑戦を先延ばしにしている方もいらっしゃるかもしれません。

日々忙しく過ごし、自分のための時間を確保することもままならない日々の中で、さらにプラスαの資格取得まで考えるとなると、なかなか上手くいかないこともあるでしょう。

「仕事が終わってから1日1時間!」と決めたところで、疲れて帰ってきたらそんな気力だって残っていないかもしれません。

しかしながら、ここでせっかくの目標を諦めるのはもったいないこと。

「忙しい」と嘆くだけで結局何も行動を起こさなければ、人生は変わっていきません。

現状維持が必ずしも悪いこととは言いませんが、時には一歩踏み出してみることが必要なときだってあります。

また、どんなに忙しくても、着々と夢に向かって歩んでいる方だって、世の中にはいるんですよね。
皆さんにも出来ないことはありません。

日常のスキマ時間を利用しよう

日々忙しい社会人が無理なく通関士の勉強法を実践していくためには、「日常のちょっとした時間」に注目されてみることをオススメします。

例えば、通勤時間やランチタイム、待ち合わせまでの数分、カフェでまったりする時間や就寝前のぼーっとしがちな時間・・・・等々。

挙げればキリがありませんが、私たちの日常生活にはスキマ時間と呼ばれるちょっとした時間が結構あるものです。

そういった時間を意識的に通関士の勉強法の実践に充てるだけで、現状はぐんと違ってくるのではないでしょうか?

とある調査によれば、現代人の生活におけるスキマ時間の平均は「1日1時間9分」というデータが明らかになっています。

つまり、さほど苦労なく、1日1時間は学習時間を捻出できる可能性がある、ということ。
このチャンスを生かすも殺すも、自分自身です。

毎日「忙しいから無理」が口癖になっていませんか?

生活を見直すことで、見えてくるものはたくさんあるかもしれません。