通関士試験と英語の必要性

通関士試験と英語の必要性

with コメントはまだありません

試験内容はすべて日本語

通関士の仕事は貿易という、海外との交渉で内容が決まることばかりです。

そのイメージが定着しているからでしょうか、「通関士になりたくても、英語が苦手な人には無理では?」といった誤解が広まることがあります。

しかしそれは、あまり的を射た憶測だとは言えないでしょう。

通関士の試験問題には英語がらみの問題が実際に出題されますし、就業後の実務の現場においても英語を使った作業は出てきますが、英語が苦手だった人たちでも問題なく対処できている例がたくさんあるのです。

まず肝心な試験の内容ですが、英語の文章が出ることはなく、全て日本語で出題されます。

ただし、科目の一つに通関書類作成の実務試験があります。

その中に英単語として「署名」など、通関における必要最低限なものが出てきます。

ただ、それもある程度対策しておけば十分に覚えられるものですので、そこまでの心配はいりません。

毎日業務をこなせば覚えられる範囲の英語です

だいたい通関士は、通訳ではありませんし海外の関係者との折衝の場に立ち合うわけではありません。

あくまでも日本国内で、日本人だけの職場において仕事をします。

通関士の仕事で問われる英語は、簡単か難しいかと二択で問われると答えづらくなることは事実。

貿易で必要となる英語ですから、少し専門的ですし一般人にとっては耳慣れない単語や言い回しが登場します。

しかしその種類は多くありませんから、やっていれば自然と覚えられます。

そして、書類の作成やチェックをする際に英語が出てくることがあるため、読み書きの力は多少必要となります。

毎日やっていればいつの間にか覚えてしまうくらいのものだと思ってかまいません。

あえて補足をするなら、中学校や高校のころの英語の授業や定期テストが極端に苦痛だったタイプは、少し覚悟は必要となるでしょう。

逆に英語が得意で、自分の語学力を生かした仕事をしたいと思っている人は、別の仕事をした方がよいかもしれません。